未経験からエンジニアになりたい人必見!
おすすめプログラミングスクール3選!

【2022年最新版】PHPの勉強におすすめの本10選

本記事では、PHPの勉強におすすめの本を10冊紹介しています。

参考書よりも動画で勉強したい方は、下記の記事でUdemyのおすすめPHP動画を紹介しているのでご参考ください。

【2022年最新版】UdemyでおすすめのPHP動画7選

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室

出版社リックテレコム
著者谷藤 賢一
発売日2011/12/9
ページ数164ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(210件)
本書情報

PHPのいちばんやさしい入門書でありながら、MySQLまでカバーしています。

初心者がつまずいたり迷ったりするポイントをとことん解消しました。面倒なパソコン設定もデータベース構築も楽々クリアできます。

実際の研修講座で実証済みの方法論とカリュキュラムにより、無理なく楽しくPHPのエッセンスを習得することができます。

  1. なるほど! 心の準備編
    1. とっても大切な心の準備!
    2. 挫折の落とし穴を跳び越えよう!
    3. 楽しむことの大切さ!
  2. がんばろう! パソコン設定編 らくらく壁を跳び越えよう!
    1. タダでサーバーを手に入れよう!
    2. タダでテキストエディタを手に入れよう!
    3. この機能をOFFにしよう!
    4. 最大の壁!文字化けってナニ!?
    5. これが文字化け対策だ!
    6. 雛形ファイルをつくろう!
    7. 設定ごくろうさまでした!
  3. ワクワク! プログラミング編 プログラミングは楽しい!
    1. 30分で覚えるHTML!
    2. 初めてのPHPを体験しよう!
    3. アンケート入力ページをつくろう!
    4. 前のページからデータを受け取ろう!
    5. 変数ってなんでしょう!?
    6. コンピュータに考えさせよう!
    7. 入力チェック機能を付けよう!
    8. HTMLとPHPはぜんぜん違うもの!
    9. アンケート項目を増やそう!
    10. 前ページに戻る機能をつけよう!
    11. 入力データを消さないでページを戻る方法!
    12. さらに次のページへいこう!
    13. 入力データをきちんとチェックしよう!
    14. サンクスページをにぎやかにしよう!
    15. データがきちんと表示されるようにしよう!
    16. 悪~い行為から守ろう!
    17. 自動返信メールを飛ばそう!
  4. ドキドキ! データベース編 あなたにもデータベースができる!
    1. データベースはこうなってる!
    2. データベースの文字化け対策!
    3. データベースを作ろう!
    4. 何を設定したのか知っておこう!
    5. これがSQL文だ!
    6. アンケート自動保存機能を追加しよう!
    7. 登録データを読み出してみよう!
    8. アンケートの一覧表示プログラムを作ろう!
    9. データを検索してみよう!
    10. とっても悪~い行為から守ろう!
    11. サーバーがダウンしたら!?
    12. Webアプリを実感しよう!
    13. おめでとうございます!

気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!

出版社リックテレコム
著者谷藤 賢一
発売日2017/2/18
ページ数328ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(167件)
本書情報

秋葉原の小さな教室で、笑いながら1日でプログラムを組んで帰る、そんなIT講座があります。毎回教室で起こるドラマから生まれた超入門書は、大好評を得て、多くの初心者をPHPの世界にお連れすることができました。

その続編である中級編を大幅改訂したのが本書です!昨今ではWordPressやCakePHP等が普及した結果、ゼロからシステムを組めるプログラマーが減りつつあります。あなたは不安ではありませんか?

大丈夫です。1回、ゼロから作ってみればいいのですよ。恐れることはありません。PHPの入門書を卒業した方や、多少プログラミング経験のある方なら、本書を通じて本格的なシステム開発の世界に入って行けます。

ショッピングサイトの構築を楽しく進める中で、 システム開発に必要な力が自然に身に付くように、練りに練ったストーリーを組んであるからです。さぁ、行ってみましょう!

  1. いろいろ準備編
    1. とっても大切な心の準備!
    2. タダでサーバーを手に入れよう!
    3. タダでテキストエディタを手に入れよう!
    4. Windows OSのこの機能はOFFにしよう!
    5. 最大の壁!文字化けを防ごう!
  2. お店のスタッフは誰?
    1. データベースを作成しよう!
    2. スタッフを追加する画面を作ろう!
    3. スタッフ情報の入力チェック画面を作ろう!
    4. 情報の追加を完了させる画面を作ろう!
    5. スタッフ一覧画面を作ろう!
    6. スタッフ情報の修正画面を作ろう!
    7. 好きな画面に分岐ジャンプさせよう!
    8. スタッフの削除画面と参照画面を作ろう!
  3. お店に商品を並べよう!
    1. 商品を追加する画面を作ろう!
    2. ほかの画面を一気に作っちゃおう!
    3. ワクワク♪ 商品の画像を追加しましょう!
  4. 関係者以外立ち入り禁止!
    1. ログイン画面を作ろう!
    2. ユーザー認証の仕組みを作ろう!
    3. ログアウト画面を作ろう!
  5. 遊びでスキルアップ!
    1. 季節の野菜サイトを作ろう!
    2. あの星は!
    3. 学生に戻ろう!
    4. プログラミングの楽しさの真髄!
    5. 遊びで身に付けた技術を使って!
  6. 憧れのショッピングカートを作ろう!
    1. まずは商品を表示しよう!
    2. 「カートに入れる」機能を作ろう!
    3. カートの中身を見る画面を作ろう!
    4. カートを空にする画面を作ろう!
    5. 商品の購入数を変える機能を追加しよう!
    6. カートから商品を削除する機能を作ろう!
    7. 大切なお客様のために!
  7. 注文を受け付けよう!
    1. 注文フォームの画面を作ろう!
    2. 注文チェックの画面を作ろう!
    3. 注文登録の画面を作ろう!
    4. 注文情報をデータベースに追加しよう!
    5. もっと安全にしよう!
  8. Excelで注文管理したい!
    1. 注文データを日付けで選べるようにしよう!
    2. 注文データをダウンロードしよう!
  9. お客様に会員になってもらおう!
    1. 会員登録の画面を作ろう!
    2. 会員ログインの仕組みを作ろう!
    3. 会員だけの特典「かんたん注文」の仕組みを作ろう!

WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。

出版社エムディエヌコーポレーション
著者水野 史土
発売日2019/8/27
ページ数258ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(61件)
本書情報

WordPressでサイトやブログを作成する際、PHPのコードの意味がよくわからず、「本当はこうしたいのに……」を諦めた経験のある方も多いことでしょう。本書は、HTMLやCSSはひととおりわかるもののPHPは苦手という方のために、WordPressを活用するうえで避けて通れないPHPの知識を解説した入門書です。

PHPとWordPressの基礎をきちんと理解することで、できることは大きく広がります。本書では、変数・配列・条件分岐・繰り返し・関数・オブジェクトといったPHPの基本文法から、テンプレートタグ・ループ・テンプレート階層・フックなどのWordPress特有の仕組みまで、テーマづくりに必要な知識が初心者でもやさしく身につきます。

また、ヘッダー・ナビゲーション・ウィジェット・カスタムフィールドといったページの構成要素や、アーカイブ・個別投稿・固定ページなどのページ表示形式も実際に動作するサンプルテーマに沿って具体的に解説しており、カスタマイズ例も手を動かしながら学べます。WordPress5.xから導入されたエディター「グーテンベルク」への対応や子テーマの作り方・エラー対処法・Codexの見方など、初心者がよく突き当たる疑問も解消。WordPressを本当に使いこなしたいユーザーに必携の1冊です。

  1. WordPress+PHPの基礎知識
    1. WordPressが動作する仕組み
    2. WordPressの投稿タイプと機能
    3. WordPressのテーマとは
  2. PHPの基本
    1. PHPのコードを書く際のルール
    2. 変数ってなに?
    3. 配列ってなに?
    4. ifを利用した条件判定
    5. whileを利用した繰り返し処理
    6. 関数を使う
    7. オブジェクトとは
  3. WordPress特有のルール
    1. テンプレートタグとは
    2. WordPressのループ
    3. 条件分岐タグ
    4. テーマテンプレートとテンプレート階層
    5. モジュールテンプレートの使い方
    6. functions.phpの役割
    7. WordPress Codexの使い方
    8. セキュリティに注意する
  4. WordPressで使われるコード解説
    1. 本章で解説するサンプルのサイト
    2. ヘッダーに記述するコード
    3. ナビゲーションに記述するコード
    4. アーカイブ表示で記述するコード
    5. 個別投稿と固定ページを表示するコード
    6. フッターに記述するコード
    7. メインクエリとは異なるコンテンツを表示するコード
    8. カスタムフィールドを表示するコード
    9. 検索結果を表示するコード
    10. functions.phpに記述するコード
    11. Gutenberg(グーテンベルク)への対応
    12. 一般的なテーマに使用されるそのほかのコードと機能
    13. 子テーマを使ったカスタマイズ
    14. エラー対処法

よくわかるPHPの教科書 【PHP7対応版】

出版社マイナビ出版
著者たにぐち まこと
発売日2018/4/26
ページ数308ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(53件)
本書情報

これからプログラミングを始めたい。Webアプリケーションを作ってみたい。PHPを学ぼうとしたけれど、挫折したことがある。

そんな人にぴったりの入門書です。

やさしい言葉で分かりやすく書かれているので、プログラミングの用語やコードに拒否感がある人でも、すいすい読み進めることができます。プログラミングの本を読むのが気が進まない人にとっても、「この本だけは最後まで読めた」と言っていただける1冊です。

具体的には、学習者が「少しずつ理解」して「挫折しない」ように、説明の内容や難易度を工夫しました。また、項目ごとにしっかり手ごたえが得られる実習にすることで、「学ぶ楽しさ」を積み重ねながら進められるように配慮しています。

また本書の特徴として、PHPを初めて学ぶ人でも読みやすい入門書であると同時に、仕事で使うような実用に近いプログラムまで学習することができる点があります。「この本を読んで、実際にWebアプリケーションを作ってみた」という嬉しい反響もいただいています。

Chapter1では、コンピュータすら使いません。身近な文具を使って、プログラムの考え方を学びます。

Chapter2ではPHPの勉強をするための準備をします。ご自分のコンピュータにXAMPP/MAMPをインストールして、PHPを動かす環境を作ります。

Chapter3からは実際にプログラムを作りながら、学んでいきます。Part3ではPHPの文法の基本、Chapter4ではデータベース(MySQL/MariaDB)の基本を学んでいきます。短いプログラムを作りながら、プログラムを作るための考え方を鍛えます。

Chapter5からは、それまでの内容を組み合わせて、仕事ですぐにでも使える実用的なアプリケーションを制作していきます。Chapter5では、メモの管理ができるWebアプリケーションを作ります。Webブラウザから、メモの作成、表示、変更、削除ができるように機能を作ります。

Chapter6では、Twitterのようなひとこと掲示板を作ります。Chapter5で学んだ、データの作成、表示、変更、削除の機能に加え、会員登録やログインの機能を備えたアプリケーションを作ります。

入門から始めて実用レベルでの知識とスキルを身に付けるのにぴったりな1冊です。

  1. プログラミング入門
    1. 身近な文具を使ってプログラムを考えてみよう
    2. 賢いロボットを作ろう
  2. PHPを使う準備をしよう
    1. パソコンにPHP動作環境を作る
    2. 用語を確認しよう
  3. PHPの基本を学ぼう
    1. 画面に文章を表示する
    2. 計算結果を表示する
    3. 画面に現在の時刻を表示する
    4. オブジェクトを使って現在の時刻を表示する
    5. 変数を使って、計算結果を保管する
    6. 1から365までの数字を表示する
    7. 1年後までのカレンダーを作成する
    8. 曜日を日本語で表示する – 配列
    9. 英単語と日本語の対応表を作る – 連想配列
    10. 9時よりも前の時間の場合に、警告を表示する – if 構文
    11. 小数を整数に切り上げる・切り下げる – ceil、floor、round
    12. 書式を整える – sprintf
    13. ファイルに内容を書き込む – file_put_contents
    14. ファイルの読み込み – file_get_contents
    15. XMLの情報を読み込む – simplexml_load_file
    16. JSONを読み込む
    17. フォームに入力した内容を取得する
    18. チェックボックス、ラジオボタン、リストボックス(ドロップダウンリスト)の値を取得する
    19. 複数選択可能なチェックボックス、リストボックスの値を取得する
    20. 半角数字に直して、数字であるかをチェックする
    21. 郵便番号を正規表現を使ってチェックする
    22. 別のページにジャンプする
    23. 一行ごとにテーブルセルの色を変える – 剰余算
    24. Cookieに値を保存する
    25. セッションに値を保存する
    26. 電子メールを送信する
    27. 2つのトップページにランダムで誘導する – rand
    28. ファイルアップロードを受信する
  4. データべースの基本を学ぼう
    1. データベースについて
    2. MySQLを使ってみよう
    3. データベースを使ってみよう
    4. データベースを理解しよう
    5. SQLを使ってみよう
    6. テーブルを作るSQL – CREATE
    7. データを挿入するSQL – INSERT
    8. データを変更するSQL – UPDATE
    9. データを削除するSQL – DELETE
    10. データの検索SQL – SELECT
    11. プライマリーキー – DBで一番大切なキー
    12. オートインクリメント – さらに便利な自動採番
    13. テーブルの構造を変更しよう
    14. 条件を指定しよう – WHERE
    15. ORDER BY – データの並び替えで、ランキングも思いのまま
    16. DATETIME型とTIMESTAMP型
    17. COUNT、 SUM、 MAX、 MIN – 計算・集計お手の物
    18. データベースの真骨頂、リレーション
    19. GROUP BY – 複雑な集計
    20. LEFT JOIN、RIGHT JOIN – 外部結合
    21. DISTINCT、BETWEEN、IN、LIMIT – その他の便利なSQL
    22. バックアップとリストア
  5. PHP+DBで本格的なWebシステムを作ろう 
    1. プロジェクトの準備
    2. PDO – MySQLに接続する
    3. query – SELECT SQLを実行する
    4. フォームからの情報を保存する
    5. データの一覧・詳細画面を作る
    6. 接続プログラムを共通プログラムにする
    7. 件数の多いレコードを、ページを分ける「ページング」
    8. メモを変更する、編集画面
    9. いらないデータを削除する、削除機能
  6. 「Twitter風ひとこと掲示板」を作ろう
    1. データベースを設計する
    2. データベースを作る
    3. 会員登録用の画面を作る
    4. 会員登録用のプログラムを作る
    5. 周辺の画面と処理を作る
    6. ログインの仕組みを作成する
    7. 投稿画面を作る
    8. 返信機能をつける
    9. 個別画面を作る
    10. プログラムをすっきりさせる
    11. URLにリンクを設置する
    12. 投稿を削除できるようにする
    13. ページングを設置する
    14. ログアウトを設置する

独習PHP 第4版

出版社翔泳社
著者山田 祥寛
発売日2021/6/14
ページ数1152ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(40件)
本書情報

5年ぶりのメジャーバージョンアップに合わせて大幅改訂!PHP8の基本構文から、クラス、DB連携、セキュリティ対策まで、しっかり習得。

PHPプログラミングの標準教科書『独習PHP』が、最新のPHP8に対応。

PHPでWebページ/アプリケーションを開発する際に必要な基礎的な知識、PHPの基本構文から、クラス、データベース連携、セキュリティまで、詳細かつ丁寧に解説します。

解説→例題→練習問題(理解度チェック)という3つのステップで、PHPによるWebアプリ開発の基礎・基本テクニックをしっかり習得できます。

実際にサンプルコードを入力し、動作を確かめながら学習することで、いっそう理解が深まります。「PHPを一から学びたい・しっかり基礎固めをしたい」「PHPでWebアプリを作りたい」という方におすすめの1冊です。

  1. イントロダクション
    1. PHPとWebアプリ
    2. サーバーサイド技術におけるPHPの位置付け
    3. PHP環境を設定するための手順
    4. PHPの基本構文
  2. PHPの基本
    1. 変数
    2. 定数
    3. データ型
    4. 配列
    5. 型の相互変換
  3. 演算子
    1. 代数演算子
    2. 代入演算子
    3. 比較演算子
    4. 論理演算子
    5. ビット演算子
    6. その他の演算子
    7. 演算子の優先順位と結合則
  4. 制御構文
    1. 条件分岐
    2. 繰り返し処理
    3. ループの制御
    4. 制御命令のその他の話題
  5. 組み込み関数
    1. 関数の基本
    2. 文字列関数
    3. 配列関数
    4. 正規表現(PCRE)関数
    5. ファイルシステム関数
    6. その他の関数
  6. ユーザー定義関数
    1. ユーザー定義関数とは?
    2. 変数の有効範囲(スコープ)
    3. 引数のさまざまな記法
    4. 関数呼び出しと戻り値
    5. ジェネレーター
  7. 標準クラスライブラリ
    1. オブジェクト指向プログラミングの基本
    2. DateTimeクラス
    3. DirectoryIteratorクラス
    4. 外部ライブラリの活用―Composer
    5. HTTPクライアントGuzzle
  8. リクエスト情報
    1. リクエスト情報
    2. ポストデータ―$_POST
    3. クエリ情報―$_GET
    4. ヘッダー情報―$_SERVER
    5. サーバー環境変数―$_ENV
    6. クッキー情報―$_COOKIE
    7. セッション情報―$_SESSION
    8. アップロード処理の実装―$_FILES
  9. データベース連携
    1. データベースの種類
    2. データベース操作の基本
    3. データベース抽象化レイヤー
    4. データベースへの接続
    5. SQLクエリの発行
    6. 結果セットの取得
    7. パラメーター値のバインド
    8. トランザクション処理
  10. オブジェクト指向構文
    1. クラスの定義
    2. カプセル化
    3. 継承
    4. ポリモーフィズム
    5. トレイト
    6. オブジェクトの操作
    7. 例外処理
    8. マジックメソッド
    9. 名前空間
    10. クラスの自動ローディング
  11. 高度なプログラミング
    1. 属性
    2. セキュリティ対策
    3. ドキュメンテーションコメント
    4. VSCode+PHP Debug拡張によるデバッグ

スラスラ読める PHPふりがなプログラミング

出版社インプレス
著者リブロワークス
発売日2019/10/25
ページ数208ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(33件)
本書情報

「プログラムの読み方をすべて載せる(ふりがなをふる)」という手法で究極のやさしさを目指した、まったく新しいPHP(ピーエイチピー)の入門書です。

本書内に登場するプログラムの読み方をすべて載せ、さらに、漢文訓読の手法を取り入れ、読み下し文を用意。プログラムの1行1行が何を意味していて、どう動くのかが理解できます。

この新しいアプローチで「自分がいま何をしているのかわからない」といったプログラミング入門者が途中で挫折してしまう原因を解決しました。

また、実際に手を動かしながら進むだけでなく、プログラムを考える応用問題も用意しているため、しっかりPHPの基礎文法を身につけることができます。

  1. PHP最初の一歩
    1. PHPってどんなもの?
    2. 本書の読み進め方
    3. PHPのインストール
    4. 最初のプログラムを入力する
    5. 演算子を使って計算する
    6. 長い数式を入力する
    7. 変数を使って計算する
    8. 変数の命名ルールとスペースの入れどころ
    9. データの入力を受け付ける
    10. 数値と文字列の自動変換
    11. 関数の読み方
    12. エラーメッセージを読み解こう1
    13. 復習ドリル
  2. 条件によって分かれる文を学ぼう
    1. 条件分岐ってどんなもの?
    2. 比較演算子で大小を判定する
    3. 20歳未満だったらメッセージを表示する
    4. 20歳未満「ではない」ときにメッセージを表示する
    5. 3段階以上に分岐させる
    6. 複数の条件式を組み合わせる
    7. エラーメッセージを読み解こう2
    8. 復習ドリル
  3. 繰り返し文を学ぼう
    1. 繰り返し文ってどんなもの?
    2. 配列に複数のデータを記憶する
    3. 配列のデータを繰り返し文で表示する
    4. 仕事を10回繰り返す
    5. 繰り返し文を2 つ組み合わせて九九の表を作る
    6. 条件式を使って繰り返す
    7. 総当たり戦の表を作ろう
    8. エラーメッセージを読み解こう3
    9. 復習ドリル
  4. 関数を作ろう
    1. 関数を作る目的は何?
    2. 関数の書き方を覚えよう
    3. ヒアドキュメントを使う
    4. 戻り値を返す関数を作る
    5. もっと配列を活用しよう
    6. 関数を組み合わせて使ってみよう
    7. エラーメッセージを読み解こう4
    8. 復習ドリル
  5. Webアプリを作ろう
    1. WebアプリといえばPHP
    2. Webサーバーを起動してみよう
    3. phpファイルにHTMLを書いてみよう
    4. HTMLにPHPを埋め込んで文字列を表示しよう
    5. 入力ボックスからデータを受けとる
    6. セキュリティ対策をしよう
    7. 干支チェックアプリを作ろう
    8. 干支チェックアプリのHTML要素を書こう
    9. エラーメッセージを読み解こう5
    10. 公式マニュアルを見よう

PHP本格入門[上] ~プログラミングとオブジェクト指向の基礎からデータベース連携まで

出版社技術評論社
著者大家 正登
発売日2020/8/3
ページ数680ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(32件)
本書情報

Webアプリケーションの定番言語であるPHPの基礎から実践までを、上下巻のフルボリュームで集大成。

「この目的を実現するためには、どの文法テクニックが適合しやすいだろう」?
「このプログラムをより読みやすくするために、どんなアプローチができるだろう」?

といったことを思考しつつ、「とりあえずは動く」だけで終わらない、現場に求められる品質を形にするための知識とテクニックを解説します。

  1. はじめてのPHP
    1. Webの仕組みとPHPの役割
    2. WebサーバーとWebクライアントはどのようにコミュニケーションをとるのか – HTTPリクエストとHTTPレスポンス
    3. WebサーバーとPHP
    4. XAMPPによる開発環境のセットアップ
    5. ベーシックなPHPプログラム
  2. PHPの基本構文
    1. 変数を使って値を出し入れする – 代入と出力
    2. さまざまな形式の値を取り扱う – データ型
    3. 役割を持つ記号たち – 演算子
    4. 条件によって処理を切り替える – 条件分岐
    5. 同じ処理を繰り返す – ループ処理
    6. 一連のプログラム処理を意味のある単位でまとめ – 関数
    7. 共通部品を外部ファイル化しプログラム間で共有する – require命令,include命令
    8. PHP実行時のオプション設定
  3. プログラムを部品化し,拡張に強いアプリケーションを作る – オブジェクト指向
    1. オブジェクト指向 – アプリケーションの品質をゆらぎにくくする技術
    2. PHPを使ったオブジェクト指向の実装
    3. クラスに親子関係を持たせる – 抽象クラスと継承
    4. クラスのメソッド定義を「約束」させる – インターフェースと実装
    5. 横断的で定形的な処理をクラスに挿し込む – トレイト
    6. 名前空間を使って関連するクラス群をカテゴリー分けする
    7. イレギュラーなケースに対処する – 例外処理
    8. クラスの操作に自動で反応するメソッド – マジックメソッド
    9. インスタンスとの付き合い方 – オブジェクト型変数の性質
  4. アプリケーションの機能をより豊かにする – 内部関数/SPLクラス
    1. 関数とクラスの種類 – プログラマーが定義したもの/あらかじめ用意されているもの
    2. 文字列を扱う – 文字列処理のための関数
    3. 正規表現を使ったパターンマッチング
    4. 数値を扱う – 数値処理のための関数
    5. 日付/時間を操作する – DateTimeクラス
    6. 配列/連想配列を操作する
    7. ファイル/ディレクトリを扱う
    8. ファイル操作をクラスでおこなう – SplFileObjectクラス DirectoryIteratorクラス
    9. データの妥当性をチェックする
    10. ランダムな値を生成する – 乱数
    11. データを安全に取り扱う – ハッシュ化と暗号化
    12. コマンドラインプログラムの実行時オプションを制御する – コマンドライン引数
    13. メールを送信する
    14. OSコマンドをPHPから実行する
    15. デバッグに役立つ情報を得る
  5. PHPによるWebアプリケーションの実装
    1. 入力フォームを介したデータ送受信
    2. リクエストヘッダ/レスポンスヘッダ情報の読み書き
    3. クッキーを使ってクライアントPCに情報を保存する
    4. セッション変数を使ってサーバー上に情報を保存する
    5. ファイルアップロード処理
  6. リレーショナルデータベースを使った体系的なデータ管理
    1. 体系的なデータ管理を実現するソフトウェア – リレーショナルデータベース
    2. SQLでデータベースを操作する
    3. PHPプログラムからデータベース操作する – PDOの利用
  7. 読みやすいPHPプログラミング作法 – 開発者の意図をわかりやすく伝える
    1. コーディング規約 – 見た目に美しく読みやすいコード作り
    2. 読み手に意図が伝わるコーディング – 迷いを与えない
    3. 見た目をスリムにしシンプルな思考をうながす

PHPとMySQLのツボとコツがゼッタイにわかる本

出版社秀和システム
著者横山 達大
発売日2014/12/4
ページ数298ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(26件)
本書情報

「Webアプリケーションを作ってみたい」「Webアプリケーションの勉強をしたけれど途中で飽きてしまった」というアナタにおすすめの、PHPとMySQLを使ったWebアプリ制作の入門書です。

本書は、アプリ制作の基礎知識をていねいに解説し、実際に自分で書いたサンプルプログラムを動かしながら学習をすすめます。基本的な事柄をできるだけわかりやすくシンプルに分割し、少しずつステップをすすめるので、初心者でも確実に力がつきます。

  1. Webアプリケーションってどういうもの?
    1. Webアプリケーションって何?
    2. 本書で作成するWebデータベースアプリケーション
  2. PHPの基本をおさえよう
    1. PHPについて
    2. PHPでコードを書いてみよう
    3. 動的なWebページを作ってみよう
  3. データベースの基本とSQL文
    1. データベースを用意しよう
    2. テーブル、レコード、フィールドについて
    3. SQL文を理解しよう
  4. PHPでデータベースを操作する
    1. 覚えておきたい4つの処理
    2. PHPでデータベースに接続する
    3. PHPでレコードを追加する
    4. PHPでレコードを選択する
    5. PHPでレコードを抽出する
    6. PHPでレコードを更新する
    7. PHPでレコードを削除する
  5. 動的なデータベースの操作
    1. 動的にレコードを追加しよう?
    2. 動的にレコードを追加しよう?
    3. 動的にレコードを選択してみよう
    4. 動的にレコードを更新してみよう
    5. 動的にレコードを削除してみよう
  6. クラスを使ってコードをスッキリ
    1. クラスを自作しよう
    2. 本格的なクラスを作ろう
    3. クラスのクラスを作ってみよう(クラスの継承)
  7. 売上管理システムを作ろう
    1. システム制作の準備をしよう
    2. 商品マスタのページを作ろう
    3. 顧客マスタのページを作ろう
    4. 売上情報の登録ページを作ろう
    5. 売上情報の検索・更新・削除用のページを作ろう
    6. 請求情報のページを作ろう

初心者からちゃんとしたプロになる PHP基礎入門

出版社秀和システム
著者柏岡 秀男
発売日2021/3/2
ページ数274ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(19件)
本書情報

【PHPとデータベースを利用したWebアプリケーションの基礎をきっちり学べる!】

これからPHPを習得したいという方のために、PHPとWebアプリケーションの作り方の基本を解説した入門書です。

変数、演算子、条件分岐、配列、ループ処理といったPHPの基本的な文法と使い方をマスターしたあと、シンプルなWebアプリケーションを作成しながら、PHPプログラミングの考え方と書き方を実践的に学んでいくことができます。

さらに、Web APIやMySQLデータベースからデータを取得する方法、データのバリデーション、ログイン機能、セッション管理、セキュリティに関する重大な注意点など、現場で必要とされる基礎がしっかりと習得できます。

プログラムは、ひとつひとつの機能をステップ・バイ・ステップで丁寧に積み上げながら作成していきますので、途中で挫折せずに進められます。ぜひ本書を通じて、“現場のPHP力”の土台をしっかりと養ってください。

  1. PHPとは
    1. XAMPPでPHPの実行環境を準備する
    2. PHPとは
    3. PHPが動く仕組み
  2. PHPの基本
    1. 変数を使う
    2. 代数演算子
    3. 文字列演算子
    4. 条件によって処理を変える
    5. if~elseによる複数の条件分岐
    6. 処理を繰り返す
    7. 配列とループ処理
    8. 2次元配列を扱う
    9. PHPとHTMLを共存させる
    10. includeとrequireで別ファイルを読み込む
    11. 関数を使う
  3. 簡単なWebアプリケーションを作成する
    1. CSVファイルを読み込む
    2. CSVファイルのデータを1件ずつ処理する
    3. クロスサイトスクリプティング(XSS)の対策を行う
    4. よく使う処理を関数化する
    5. 適正体重の計算アプリ(1) 適正体重を計算して表示する
    6. 適正体重の計算アプリ(2) 追加機能とXSS対策
    7. APIを利用したアプリ(1) 郵便番号検索プログラム
    8. APIを利用したアプリ(2) 郵便番号のバリデーション
  4. データベースを操作する
    1. データベースについて
    2. MySQLでデータベースを作成する準備
    3. SQL文でデータベースを操作する
  5. データベースと連携したWebアプリケーション
    1. PHPとデータベースを連携する
    2. PHPでデータを表示しよう
    3. PHPでデータを追加する
    4. 入力内容のバリデーションを行う
    5. データベース接続処理を関数化する
    6. データを更新する仕組みを作成する
    7. 更新用の入力フォームを表示する
    8. データの更新を行う
    9. プログラムの共通部分を別ファイル化する
  6. ログイン処理とセッション
    1. データベースにユーザを登録する
    2. ログイン処理を行う
    3. ログイン時のみ操作できるようにする
    4. トークンを利用してCSRF対策を行う

確かな力が身につくPHP「超」入門

出版社SBクリエイティブ
著者松浦 健一郎 / 司 ゆき
発売日2016/9/26
ページ数347ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(25件)
本書情報

「JavaScript」「Python」に続く、「確かな力が身につく」シリーズ第3弾。Webや携帯アプリで需要の高い「PHP」を解説。

Webエンジニア、フロントエンドエンジニアなど、コマースサイトの制作に携わる人を対象に、PHPの基礎構文からしっかりと解説していきます。

コマースサイトに必須のショッピングカートやログイン処理の作成から、商品管理などを行うデータベースの設定・制御法まで、Web開発の現場で求められる知識をサンプルで体験しながら学ぶことが可能です。

  1. イントロダクション
    1. PHPは何に使われるのか?
    2. PHPスクリプトの動かし方 ほか
  2. 環境構築と動作確認
    1. PHPを動かすためのツールを用意する
    2. 開発環境を入手して実行できるようにする ほか
  3. 最初のPHPプログラミング
    1. ブラウザの画面上にメッセージを表示する
    2. 日本語でメッセージを表示する ほか
  4. 制御構造とコントロール
    1. チェックボックスと条件分岐
    2. ラジオボタンと条件分岐
    3. セレクトボックスと条件分岐 ほか
  5. 関数を使いこなす
    1. 現在の日時を表示する
    2. 広告などの画像をランダムに表示する
    3. 入力された文字列の形式をチェックする ほか
  6. データベースの基本と操作
    1. データベースの基本
    2. 商品データベースを作成する
    3. 商品一覧を表示する
    4. 商品データを検索する ほか
  7. 実用的なスクリプト
    1. 商品や顧客などの情報を格納するデータベース
    2. サイトへのログイン・ログアウト処理
    3. 会員情報の登録 ほか
  8. Webアプリケーションとして公開する
    1. 仮想化ソフトウェアでLinux環境を準備する
    2. Webアプリケーションを公開する ほか